始まりが あるものには すべて 終わりがある

アタイは すぐに 直りたガール

西田ひかる(ウソ)て事で、どうやら公開も終わったので今さらながら映画「マトリックス レボリューションズ」の感想など書いてみたく。
「そこまで暗くする必要あるか?」とツッコミたくなる陰惨なお話。シュールなバーチャル空間で繰り広げられる、クールでスタイリッシュなアクション(悲しいボキャブラリ)がキモだったのに、今回は単なる「ロボット大戦争映画」に成り下がっている。そのロボ群も、ただ上に向けて撃ってるだけなので退屈する。

高尚そうでイミフメな結末も、オラクル役のおばちゃんが交代してなければまた見方も違ったのであろう、とは思うが……何にしてもイマイチな出来でガックシだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。