インセプション


クリストファー・ノーランのインセプションを観てきた。

インセプションレイヤー構造の深層意識や「夢」の中での時間経過の速度など、面白いアイデアも盛り込まれている。だけど物語の中核を成すバーチャル・ワールドの仕組みにどこか無理がある様に感じて、イマイチ入り込めず退屈する。サイバーなハイ・テクノロジー抜きで「マトリックス」の様な舞台装置は成立しないと思うんよ。もっと SF 寄りにして欲しかった。

あとオレはノーラン作品と合わない事をこの作品で再認識した。語りに起伏を付けず、単調に進行・展開するのがリアリズムだと誤解してやいまいか? 小一時間、説教してやりたい。

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。