オレと ORIGIN I


という事でオレの手元に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」の DVD があるワケだが。

ジ・オリジンの DVD パッケージ

さっそく観てみた。以下、感想を箇条書き。ちなみに原作のマンガは未読。

  • 安彦タッチの作画が良かった
  • 予告で煽っていた宇宙空間での戦闘シーンは冒頭 3分間だけ。やや肩すかし感あり
  • シャアの幼い頃の話かと思っていたが、実は若きハモンの話だった
  • ロリテイシアがブサかわいかった
  • セリフ回しが古臭く時代劇っぽかった
  • おもしろ軍人の芝居をする人物が多く、鼻についた
  • 劇伴にハンス・ジマーの「ダークナイト」ぽい曲があった

熱心なガンダムファンなら楽しめる内容となっており。一部でガンダム旧作の BGM が使われているが、これは卑怯。オッサン感無量で泣いてまうわ。
続編「哀しみのアルテイシア」はこの秋公開予定。期待だ。悪いザビ家を許すな! ジ・オリジン!

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。