断線したイヤホンのプラグを修理した件


あけましてシマケア!(回文)今年もシマケるぞ! レッツ・シマケア・トゥギャザー、オールナイッ!

とはいえ正月早々する事も無く。怠情に暇を持て余し。ふと手持ちのイヤホン、オーディオテクニカの ATH-CKS550 がプラグ近くで断線していた事を思い出し。2年近く活躍してもらった愛着のあるモデル。かねてから修理に取り掛かろうと考えていたのだ。はっ、いまこの時こそがそのタイミング? よっしゃ、やったるで!

千石で買ってきたステレオミニプラグいま流行りのイヤホンのリケーブル、というよりかは補修・交換という言葉が相応しい作業。もっと言えば単なるプラグの付け替えであり。L字型のステレオミニプラグは去年のうちにアキバの千石電商の店頭で買ってきておいたもの。一個 80円。作業に失敗した時のために余分に購入。部品は買える時に買っとくのが基本や!

ATH-CKS550 STEREO MINI PLUGケーブルを断線箇所の辺りから無慈悲に切断。ケーブル長が 10cm ほど短くなったけど気にするな! 元から長すぎなのだ。念のためステレオミニプラグの配線を確認。線の色も書いておくとヨイ。

ステレオミニプラグの配線被覆を剥いて線を出したらヨリ線状にして配線。芯線が綿毛のようにフワフワしていて手応えがない。ハンダ付けに少し手こずるが気合でやっつける。インド人を右に!

完成したステレオミニプラグハウジングに組み込んで完成。所要時間は一時間足らず。ま、今回はこのへんで勘弁しておいてやるわ。命拾いしたな!

通電。無事復活した。音質も以前と変わりない。純正品と比べるとプラグ部分が大きいけれど、配線作業を考えればやむを得ないか。

かかったコストはプラグ代の 80円のみ。むぅ、安い。これからは断線ごときでイヤホンを買い替えずに、自分で修理して使っていこう。モノを大切に! この言葉を念頭に今年一年を過ごしていきたい。そんな 2018年の年頭であった。

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。