「嵐がくる、と言ってます」

今日はマターリと DVD 観る。丁寧に作り込まれた「パイレーツ・オブ・カリビアン」。元はホラーな海賊モノなのに、ついつい育ちの良さが出てしまった様な、手堅くお上品な仕上がり。毒にも薬にもならない点は親玉のディズニーランド譲り。ジョニー・デップのエキセントリックな演技が良い。んが「ブロウ」の時と言い、何かとキース・リチャーズを引き合いに出すのはそろそろやめてほしく。

州知事それから「ターミネーター3」。ひどい。前作までの登場人物たちは何のために悪戦苦闘してきたのか。シリーズを台無しにしてくれた脚本に呆れた。観終わったあとディスクを投げたぜ、オレぁー。

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。