『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の感想

アニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきた。封切り間もないせいか、都内の劇場は平日にもかかわらず客席まで密状態だった。怖ぇよ!

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のポスター2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として再起動したシリーズの 8年ぶりの新作、そして完結編。
コロナ禍の影響で幾度かの延期を経て、ようやくの公開となった。上映時間は 154分。

上映が終わり、客席に照明が灯ったときの感想:
「またやりやがったな、庵野秀明!」

なぜか界隈では「エヴァ」に関してネタバレを過剰に控える風潮がある。だのでその辺りを配慮しつつ、さらなる感想を箇条書きにしてみた。

  • 長くて退屈。上映中に腕時計で時刻を 5,6回確認した
  • 旧劇版」と比較すると回収された伏線が多い
  • とは言え放置された伏線もある。どうするんだ?
  • シンジ,レイ,アスカの三人はいつものままだった
  • 謎のマリ推しは無理やりだった
  • 今回はゲンドウ君のセリフが多かった
  • 冬月先生はいろいろとギリギリだった
  • 列車の客席シーンもあるぞ!
  • 実写パートもあるぞ!
  • 〈不気味の谷〉を超えられず、ひどく興醒めな CG があった。手描きでやれや!

なぜ「新劇」始めたし。でも『Air/まごころを、君に』をイマ風に再構築〈リビルド〉したらこうなるのか? 何度リメイクしても同じ結末に行き着くのなら、それはもう「エヴァ」の主題なのだろう。合掌。さらば、全てのエヴァンゲリオン。

オマケ
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のネタバレ注意のチラシ劇場入場の際に手渡されるネタバレ注意のチラシ。部屋にあったエヴァの槍っぽいブツを持たせて撮影してみました。歯ぁ磨けよ!

オレ的評価

2.1

Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。