東芝クレーマー事件


東芝クレーマー事件小学館文庫から出てたので通勤時に読んでんのよ。流行ってた頃にゃー知らされてなかった事実(?)が明かされてたりするので、アノ頃必死になって net にアクセスしてた連中には楽しく読める内容かも知れず。

まだ読了してないのでアレだけど、この本のスタンスは ”両者の感覚的なズレがズルズルいってしまって大騒ぎになった。しかし、それにしても東芝の顧客対応は如何なものか” てなトコみたい。オレ的にはアノ事件、途中から東芝側の横暴さよりも、クレーマーと呼ばれたA氏個人への興味に関心が移ってしまったからな。最終的にどっちが悪モンかなんて、どーでもよくなった感アリ。

でもオドロキなのはもう既に過去の事件になってるって事。net の話題の移り変わりの速さを実感してしまう。

ISBN: 978-4-09-416193-9
 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。