香港で買った謎の CD-R


香港には深水渉(シャムスイポ)という、日本の秋葉原みたいな PC パーツ街がある。そこでは生の CD-R を買ってきた。

深水渉で買ったCD-Rプラケースではなく、PP 袋に裸で無造作に突っ込んであるものならどれも 10枚パックで 15 ~ 16香港ドル、日本円で 200円余り。国内の相場よりも安いわな。レーベル面にカラフルなプリントが施されたものが目を引くけど、焼いた後の内容記入がしづらくねえか? てゆか大体いつまで香港ネタで引っ張るんだよ>オレ

BenQ 700MBともかくその中でもお気に入りなのが、表面にカタカナらしき文字で謎の呪文が印刷された BenQ の 700MB メディア。これ何て読むんだ……? 字ヅラから無理して発音すれば「フワーゼ」だろうか。
ATIP 情報を見ると当然ながら Acer 製、たぶん Designer Collection の一種なのだろう。

んで盤面をボケ~ッと眺めてて今さっき気付いたのだが、こーゆー事だと思われたので FLASH を作ってみた…… “R” の解釈が苦しいですか? はー、そうですか。

しかしコレ、絶対わざと間違えてるだろ。なんでも昨今は、日本人観光客を狙い撃ちにした「故意におかしな日本語が書かれた商品」を製造・販売している、とも聞く。あざといぜ……まー、まんまと乗せられてしまったオレなのであった。トホー


帰国後に net で調べたら、BenQ 公式サイトの Designer CD-R 内に J-Style というラインナップ名で掲載されてるのを発見。どうやら日本語モドキのタイポグラフィー・デザイン、というのがコンセプトらしく。PC Watch の 2005 International CESブースレポートでも紹介されていた→画像
見てたら赤地の Sakura も揃えたくなってきた。ムー

 
Advertised by Amazon.co.jp

「香港で買った謎の CD-R」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。