壊れかけの HDD を交換した

オレのデスクトップ機の内蔵ハードディスク WD5000AAKS-00YGA0 の挙動が不安定になってきた。

  • ファイルの書き込みにえらく時間がかかる時がある
  • 半日ぐらい稼動しているとディスクのマウントが勝手に解除される
  • リブートしても BIOS がディスクを認識しない事がある
  • MFT が壊れる。修復してやってもすぐまた壊れる

むー、これはこの夏の暑さで壊れたか。もっとも導入したのは今から 6年半ほど前。寿命か。むしろ長持ちした方だろう。今までお役目ご苦労様。

WD20EZRXて事でアキバ行って新しい HDD を買ってきた。TSUKUMO で WD20EZRX を 6,195円(税込 6,690円)で。また Western Digital、だけど今度は容量 2TB だ! ウヒョ

帰ってから HDD を接続してデータ移行作業。今回壊れたディスクはデータ収容ドライブとして使用していたので、なくなっても運用には差し支えないファイルばかり。だけど救えるものなら救いたい。なので旧 HDD から新 HDD へと XCOPY する。具体的にはオプションを使って
xcopy /s /e /c /h /r /y [source] [target]
と実行。巡回冗長検査 CRC エラーが出たファイル? そいつは救えない。男らしく諦めろ!

結論:ハードディスクは消耗品なので壊れたらすぐ交換!

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。