オレと新型コロナ宿泊療養施設《発症篇》

【ご報告】わたくし worth坊や、このほど新型コロナウイルスに感染し、東京都の宿泊療養施設に入っておりました。つきましては、感染・療養の日々をボチボチと書き連ねてみたい。なお、諸般の事情により、日付に関しては曖昧な記述にしました。ご了承ください。

DAY 0

8月中旬某日、発熱した。

38.6℃の体温計体温 38.6℃。ツレエ。こんな高熱を出すのは子どもの時以来だ。

ついにオレも新型コロナに感染したか? せっかくワクチンを 3回も接種して、慣れないマスクを着けて生活していたのに。損したわ。
解熱剤を飲み大人しくしていたら、夜には体温 37℃台まで下がった。

DAY 1

体温は 37~38℃台を上下している。症状は咳がわずかに出る程度。苦しさはない。職場に電話で状況を説明。落ち着くまではひとまず休みとなる。一日中、横になって過ごす。

DAY 2

体温は 36℃台に落ち着いた。体調も何の懸念もない。でも念のため、病院に電話予約を入れて、発熱外来へ赴く。然るべき診断の後、PCR 検査をする。服用薬を処方してもらい、帰って自宅で過ごす。

DAY 3

病院に先日の検査結果を問い合わせる。陽性だった。トホホ。とは言え症状はごく軽い。体温もこの日はずっと 36.2℃だ。咳もほとんど出なくなった。
だので、当初は自宅療養を目論んでいた。それが一転、宿泊療養と相成った理由は、家族に自宅療養を嫌がられたから。オレの事をあたかもバイ菌扱い。ちょっとー、ひどくな~い? 人としての尊厳!

やむなく東京都福祉保健局に電話して、宿泊療養を申し込む。聞き取り調査に十数分。検査結果や現在の症状などを伝える。
その日のうちに折り返し電話が来て、翌日からの入所が決定した。

参考リンク


Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。