ファイト・クラブのサブリミナルカット


ファイト・クラブ」―それは現代社会に生きる目的を見出せず、苛立ちくすぶっている男たちの聖書《バイブル》。1996年チャック・パラニューク師によってしたためられたこのノベルは、デヴィッド・フィンチャー監督の手により映画化され国内でも 1999年にロードショー公開された。

ファイト・クラブ〔新版〕原作の邦訳版は長らく絶版だったが、版元の早川書房創立70周年文庫企画 ハヤカワ文庫補完計画の一環として改訳され、ファイト・クラブ〔新版〕となって復活。このほど新約、いや新訳版が刊行された。

という事でこの機に、今さらながら映画本編中のサブリミナルカットのご紹介。ブラッド・ピット扮するタイラー・ダーデンが、ほんの一瞬何の脈絡もなく唐突に現れる。全部で 4カット。

  1. ファイト・クラブのサブリミナルカット 1 (00:04:07)
  2. ファイト・クラブのサブリミナルカット 2 (00:06:20)
  3. ファイト・クラブのサブリミナルカット 3 (00:07:35)
  4. ファイト・クラブのサブリミナルカット 4 (00:12:37)

ソースは国内版のブルーレイ。既発の DVD を確認したところ北米盤 2000035 と国内盤 FXBA-14254 にも同様に収録されていた。気のせいか、ブルーレイ版は DVD 版よりも視認しやすくなっている。

本編最後の大映しの男性器はオミット。一目瞭然で且つお下品だから。どうしても見たいというなら、ディスクのタイムラインを 02:16:16 に合わせろ! You have been warned……Tyler

 
Advertised by Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。